TEZZO カーボンエアインテークシステム for アバルト124スパイダー

 

DSCN8106

 

TEZZOカーボンエアインテークシステム Ver.2 スペシャルレッド赤と黒の綾織仕様のTEZZOカーボンエアインテークシステム スペシャルレッド Ver.2です。
光の下で赤色が美しく発色します

ご購入はこちら>>TEZZO STYLE通販サイト

[概要]

カーボンボックスのジョイント部(両サイド)を柔軟性のある素材に改良し、
ホースとのフィッティング性を高めました。

TEZZOカーボンエアインテークシステムは、センターインテーク構造を採用した布フィルター式エアクリーナーと遮熱性に優れたカーボンエアボックスから構成されるエアインテークシステムです。

冷たい外気を遮熱性の高いカーボンボックスに入れて、流入速度を高めエンジンに圧送するため、出力・レスポンス向上、燃費向上に貢献します。さらに心地よい吸気音をお楽しみください。
分解式となっておりますので長期間使用後に溜まった埃を、清掃することが可能です。長期間本来の性能を保てます。

 

【ここが違う】

センターインテーク構造の狙いは、フィルター表面積の増大による吸気抵抗と吸入エア量増加時のカーボンエアボックス内の負圧の低減にあります。
フィルターはスポンジや規則的な繊維構造を持たない不織布ではなく、フィルター抵抗が少なくかつダスト捕獲性能に優れた細かく編みこまれた布フィルターを採用。メンテナンス性の高い乾式タイプとなります。
規則的な網目を持つ布フィルターは吸入エアを整流して吸気抵抗を低減する効果を持ちます。このグリッド効果は低回転域から高回転域までカーボンエアインテーク内の負圧の発生を抑止するメリットも得られます。
また、フィルターは湿式ではなく乾式タイプを採用しました。フィルターの内側から圧縮エアを吹くか外側から掃除機等でダストを取り除くことにより、半永久的に繰り返し使用可能で経済的です。

[製品特徴]

B社のエアインテークシステムは、カーボンエアボックス内のフィルターの内側からエアを取り込み、ボックス内に装備された円錐に沿って流れてフィルターを通過します。フィルターを通過したエアはボックスの内壁にぶつかります。円錐を装備することでボックスが長くなるため低・中回転域でのレスポンス、トルクが向上しますが、高回転では乱流が生じ負圧となるため充填効率が落ちる要因となります。
一方、TEZZOカーボンエアインテークシステムは、ホース内のエアはエンジン回転数が上がるほどホースの中心部分を高速で流れ、内壁に近い部分では流速が遅くなります。TEZZOカーボンエアインテークシステムのセンターインテーク構造は、この高速で流れるホース中心部のエアを効率よく利用して通常方式のエアインテークシステムよりも高い充填効率を実現しています。また、フィルター表面積の増大させながらもボックスの長さを抑えるという相反する課題を克服しました。

最近のスペースの無いエンジンルーム内ではエアボックスが長いと取り回しが難しくホースがきつく曲がってしまい、
充填効率を落としてしまいます。TEZZOではこれを回避するため、短くかつ大径のカーボンエアボックス形状としジャバラホースとの組み合わせで無理のないレイアウトを可能にしました。

規則的な網目を持つ布フィルターは吸入エアを整流して吸気抵抗を低減する効果を持ちます。このグリッド効果は低回転域から高回転域までカーボンエアインテーク内の負圧の発生を抑止するメリットも得られます。

DSCN8102  

[開発ストーリー]

純正の板型フィルターから、ダブルコーンの乾式フィルターに変わることで、
吸入空気がダイレクトでタービンへ送られる。
また、純正のインテークダクトを一部活用することで車両前方から冷たい
フレッシュエアーを取り込めるように取り回しの工夫を行った。
エアクリーナー本体も純正の樹脂クリーナーケースに比べ、カーボンケースとなるので、
遮熱性が高く外部から取り入れたフレッシュエアーをそのまま送ることができる。
これにより、吸入効率が向上し、タービンに送られる空気が増大。
心地良い吸気音と、アクセルOFF時のバックタービン音が聞こえるようになる。

[メディア]

 

[動画]

 

[ユーザーインプレッション]

 

[Q&A]

 

[取扱店]

リアルショップ T.BASE

オンラインショップ メーカー直販サイト

[価格表]

アバルト124スパイダー:¥55,000(税別)

 お問い合わせはこちら online1@tezzo.jp