【新規車検対応】フォルクスワーゲン up! lxy デュアルストレートマフラー

 [ フォルクスワーゲン ] [ オールステンレス ] [ up! ] [ 新規制車検対応 ]
製品番号:****-****

 

DSCN4113

[概要]

【新規制車検対応】でリリース開始。

A318886rerize-300x225

TEZZOが手がけるラグジュアリーの最新作。 フォルクスワーゲンの小型乗用車である『アップ!』 その『アップ!』の性能、音質を向上させるためのマフラーを開発した。 純正マフラーの中間パイプに取り付けられた錆びやすいサイレンサーを丸ごと交換する 「フルマフラー交換タイプ」で本質的な性能向上を果たしている。 中間パイプからエンドまで一体構造のアップマフラーだが、 リアピース部にはサイレンサーが無く、そこだけを交換しても見た目以外は何も変わらない。 純正の600mmにも及ぶ仕切り版だらけのサイレンサーから 消音効果をしっかり発揮させつつ、ストレート構造をもたせた デュアルストレート構造を採用し、排気にかかる無駄な抵抗を減らし、 音質だけでなく、性能の向上も実現している。

[製品特徴]

ラグジュアリーとTEZZOの哲学、クルマ作りにかける情熱が融合しました。 TEZZOlxyデュアルストレートマフラーfor フォルクスワーゲン アップ! 【新規制車検対応】受注生産開始しました。

デュアルストレート構造って? ストレート構造を維持しつつ、消音性を高める為のサイレンサー内部の構造です。 特殊加工されたストレート管の中に更にストレート管を通すことで、消音性を高めています。

 

[開発ストーリー]

ある日、アップ!ユーザーから「動力性能をなんとかしたい。ドイツ車だけど美しいマフラーで定評があるTEZZOで作れないか?」という強い要望があり、開発がスタートした。

早速、実車を見たところ、一見、マフラーがない。というか、見えない。覗き込んでみると、パイプが下を向いてついているのだが、出口まで届かない距離で終わっているため、覗き込まないと見えないのだ。また、車体後部ではなく、センターの部分に無粋な三角の錆び付いたサイレンサーが存在する。見えないところだから汚くても仕方ないという割り切りだろう。 そこでTEZZOでは、「音」と「見た目」の両方をよくするために、サイレンサーを含めたセンター部分から作り直しを行うことにした。 まずは、センター部のサイレンサーに関しては、大きくて重かった純正マフラーから排気効率を向上させるために、仕切り部屋を設けるのではなくストレート構造を有するものに変更した。アップ!の性能アップを考えた時に、軽量のサイレンサーが有効となる。だが、そうすると消音効果が弱まってしまう。そこで、TEZZOではジュリエッタコンペ用のマフラーの際にも採用したストレート構造を持ちながらも中をデュアル構造にする「デュアルストレート構造」を採用した。※デュアルストレート構造については、後述。 これによって、小型のサイレンサーながらもストレートな排気構造で、なおかつ消音効果も上がるという二律背反の要素をクリアした。 アウターパイプに関しては、やはりマフラーのテールは見えなければつまらない。しかし、アップ!には、バンパーの切りかき部分がない。ディーラーでの取り扱いや車検適合を考えると、バンパーを切るなどの加工は避けるべきであろう。その形状にマッチさせるため、出口は1本出しのTEZZOアウターカールを採用。径に関しては、適度な大きさで品のよさを狙い、さらには角度を工夫し、正立対して15度程度の傾きと左斜めと斜め下方向に向かいながらバンパーとの一体感を合わせ絶妙な角度をレイアウトすることに成功した。そうすることによって、どこかクラシカルでも、少々の“遊び”感が加わった。

[メディア]

Tipo 2014年11月号 フォルクスワーゲン up!の新規制車検対応マフラーが登場

[動画]

[ユーザーインプレッション]

[装着事例]

[取扱店]

リアルショップ T.BASE

 

オンラインショップ メーカー直販サイト Amazon

[価格表]

[カタログ]

PDFカタログページはこちら