スロットルコントローラー-TEZZOスロコン

 

本来の素性を現してくれる!

「車種専用設計開発」がもたらす安全性と高性能。 純正形状カプラー採用で、汎用カプラーの危険を排除した信頼の逸品。 スロットルコントローラーは文字通りスロットルという重要な機械を制御するパーツであり、汎用品では安全性は確保できない。 それがTEZZOの結論です。  

●ご注意事項

スロットルコントローラーは、DTTとの 相性はとっておりますが、他のECUその他ブーストをあげる商品との動作確認はとれておりませんので、併用はおや めください。併用した場合スロットルコントローラー起因による不具合は理論的にはありませんので、この場合は保証はできませんのでご了承ください。 

購入時のご注意 ※必ずお読み下さい。

 

<キット内容> ・メインユニット ・コントロールユニット ・ベース ・専用ハーネスなど  


a 製品概要・特徴

「なぜ、もっさりした出足に感じてしまうのか?」

それは、日本とヨーロッパの道路事情に関係があります。家を出た後、信号待ちをほとんどすることがない欧州の道路環境に対し、ストップ&ゴーを繰り返す日本の道路環境。鈍い出足に設定してあるノーマルの「もたつく」領域を多様して運転することになるからです。この“もっさり感”をなくすために、生まれたのがTEZZOスロットルコントローラー。TEZZOでは、汎用品を流用するのではなく、いちから開発し、オリジナルセッティングでチューニングを施しました。アクセルがリニアに感じられ、よりドライブが楽しめるはずです。

 b ココが違う

ノーマルでのアクセルフィーリングデータを徹底的に解析。 その多大な解析データをもとに、オリジナルのセッティングを設定しました。 そのため、汎用品にはない高い性能が得られる製品となっています。 さらに、車種毎専用開発であるため、より高い効果と安全性が確保できるのです。 電子スロットルのアルファロメオは機械式アクセルにくらべ、意図的に鈍い出足になっているため、「ノーマルモード」をチョイスした場合、本来のエンジン特性を鈍く=殺しているとも言えるのです。 ドライバーの意のままに動くほうが気持ちいいし、安全性も高いはず。 エンジン回転の立ち上がり早くなり、スタートから躍動感あふれるな走りが体感できます。 なお、TEZZOスロットルコントローラーは、TEZZOプレミアムマフラーとの組み合わせで、さらに開発陣が狙った本来の性能を発揮します。TEZZOスロットルコントローラーとTEZZOプレミアムマフラーとの相乗効果をお楽しみください。

c TEZZOオリジナルの特徴 

1)車種専用マイコン制御

マイコン制御によりきめ細やかな制御が可能であり、ハード制御の類似商品との性能差は明らかです。 モードに関しては、例えば「R」の場合は最大限、「S」の場合はベストセッティングを行っており、ユーザにセッティングを委ねる類似商品との完成度の違いは明らかです。

2)メーカークオリティー専用カプラーの信頼性

巷にある汎用スロットルコントローラーはゴム製のカプラーを採用している場合が多くありますが、これは走行中の振動による接触不良が起こる危険性を回避できません。TEZZOスロットルコントローラーは、安全性の高い製品にするため純正カプラー形状にこだわりました。 メーカークオリティーを追求するため、専用カプラーを可能にするため構想からリリースまで1年の歳月がかかってしまいました。 が、TEZZO専用カプラーはロック機能がついていますので、振動での抜け落ちがありません。カプラー形状のこだわりは、アクセルペダルというクルマの心臓部に関わるパーツにおいて信頼性を得るために必要なものなのです「耐久性、安全性」面でも安心で、性能がよくなる機能パーツ。まさに、商品の心臓部がオリジナルの究極の製品です。

d 開発ストーリー

開発のキッカケは、あるAlfa MiToオーナーからの「TEZZOスロットルコントローラーがほしい」というリクエストから。 159、Brera、Spiderでその製品のクオリティーと信頼性の高さから口コミで広がっていったTEZZOスロットルコントローラーの評判を聞いてのことでした。別のあるオーナーのリクエストは「ターボのジュリエッタ1.4に装着することで、ダイナミックモードでさらに面白さと速さ、スポーティーな走りを手に入れたい」。また、別のオーナーは「ハンドリングが軽いノーマルモードでの運転を好むが、すると加速がもっさりしてしまう。ノーマルモードで加速を手に入れたい」。 そうしたオーナーの声を受けて、開発を着手しました。 ノーマルを徹底解析し、専用カプラー完全専用設計なのは、159/Brera/Spiderの時と同様。TEZZOのこだわりです。 ⇒TEZZOスロットルコントローラー4コママンガはこちら!  

●製品紹介ブログはこちらです。

e メディア掲載情報  

Tipo 2012年3月号「良品工房」

 

価格表

TEZZOスロットルコントローラー価格表  更新2018/01/15
車種 グレード 販売価格(税抜)
アルファロメオ 4C 1.75L ¥60,000
アルファロメオ ジュリエッタ QV MT ¥51,000
アルファロメオ ジュリエッタ QV TCT ¥51,000
アルファロメオ ジュリエッタ 1.4 Sprint/1.4 Compe ¥50,000
アルファロメオ 159 2.2l ¥50,000
アルファロメオ 159 3.2l ¥52,000
アルファロメオ ブレラ 2.2l ¥50,000
アルファロメオ ブレラ 3.2l ¥52,000
アルファロメオ スパイダー 2.2l ¥50,000
アルファロメオ スパイダー 3.2l ¥52,000
アルファロメオ ミト 1.4L Sport ¥50,000
アルファロメオ ミト QV ¥51,000
アルファロメオ ミト Compe/Sprint(TCT搭載車) ¥50,000
アルファロメオ ジュリア ジュリア 開発中
アルファロメオ ジュリア スーパー 開発中
アルファロメオ ジュリア ヴェローチェ 開発中
アルファロメオ ジュリア クアドリフォリオ 開発中
フィアット 500 TwinAir ¥48,000
フィアット 500 1.2 ¥47,500
フィアット 500 1.4 ¥47,000
フィアット 500C TwinAir ¥48,000
フィアット 500C 1.2 ¥47,500
フィアット 500C 1.4 ¥47,000
フィアット 500X Pop Star (Plus) ¥51,000
フィアット 500X Cross Plus ¥51,000
フィアット PANDA 4×4 開発中
フィアット PANDA EASY ¥50,000
アバルト 500 1.4 Turbo MT ¥50,000
アバルト 500 1.4 Turbo MTA ¥50,000
アバルト 595 1.4 Turbo MT ¥50,000
アバルト 595 1.4 Turbo MTA ¥50,000
アバルト 595 50th Anniversary車 MTA ¥50,000
アバルト 695 1.4 Turbo ¥50,000
アバルト 124スパイダー 1.4 Turbo MT 開発中
アバルト 124スパイダー 1.4 Turbo MTA 開発中
アバルト グランデ プント   ¥55,000
ジープ チェロキー 3.2l V6 ¥54,000
ジープ レネゲード 1.4l 開発中
ジープ レネゲード 2.4l TRAILHAWK ¥51,000

ユーザーインプレッション 

・M様 (アバルト595) スロコン+エアクリ+DTT-ECUチューニングを施工したことで、アバルト500が力強くなったな!というのがすごくわかります。この間、富士スピードウェイを走ったのですが、施工前と比べて3秒タイムアップしました。驚きました!

・S様(ジュリエッタ)いい感じです。出だしが遅いのが大分解消された。。

・S様(フィアット500TA)スロコン楽しいです。レーシングモードにすると結構かわりますね。。たまに踏みすぎちゃうと思う時は、ノーマルモードにしてりして楽しんでます。

・N様(ミト 1.4T Sport) 「スロットルコントローラー効果ですが、横須賀までの走行中ノーマルモードで使用したところ、低速からのもたつきは無くなり、今までは何だったんだと感じました。その後 D-N(今までのD相当)にしてみたんですが 今までレーシーだと思ってたDNA:Dがちょっとダルに思えてしまいました〜。 意外だったのは N-R(DNA:N+スロコン:R)モード。今まで Nは使い物にならんと思ってましたがN-Rモードは出だしももたつくこともなくNAっぽい自然な回転フィールでかなり楽しめます!MiToは、DNAシステムにより「A」「N」「D」と3モードが選べますがそれにプラスして各々のモードにおいてTEZZOストットルコントローラーで「N(ノーマル)」「S(スポーツ)」「R(レーシング)」の3モードが選べて、全部で9モードが選択できます。MiTo専用にプログラム開発されており、かつ専用カプラーで安心。体感的効果も高く コストパフォーマンスの高いアイテムです」http://ameblo.jp/tezzo-blog/entry-10609234908.html

・Mitoロッソ様(ミト1.4T Sport) 「普段Nモードを使用している私にとって、アクセルの踏み具合に余りにもエンジンのピックアップの反応が鈍く、結果発進時にもトルク薄を感じエンストするんじゃないの〜?みたいな不安が付きまとっておりました。そして万を辞してTEZZO スロットルコントローラー(for MiTo)発売!!早速TEZZO さんで装着して頂きました♪ 私はMiToのDNAシステムのNモードにてのインプレッションを!「スロコン」Rモードにセットして発進、微量のアクセルコントロールにもスグにエンジンのレスポンス反応、「おお〜!」っと思わず声!エンスト?もう心配する必要ありません!! そしてゆっくりアクセルを踏み込む!アクセルの開度に忠実に反応!更に大きくアクセルを踏み込むとまるでNAエンジンかの如く、グングンエンジンが吹き上がる、しかもスムーズ♪高速での追い越し加速も、今までは一旦Dモードに入れてからシフトダウンしていたのですが、もうその様な必要も無くなってしまいました!Nモードで充分あらゆるシチュエーションに対応!「スロコン」恐るべし!!本来の姿をさらけ出したMiToちゃん♪このアイテムはMiTo乗り必見ですよ〜♪」 http://ameblo.jp/tezzo-blog/entry-10621181637.html

・S様(ミト 1.4T Sport) 「アクセルワークに対し、きめ細かく反応しているのに感動しました。出だしのよさと、踏み込んだときの自然な感じの両立がうれしいですね。エンジンのふけ上がりが軽くなったように感じます。すばらしい作品だと思います。」 http://ameblo.jp/tezzo-blog/entry-10698274050.html#main

・H様(ミト 1.4T Sport) 「評判を聞きすぎて麻痺していましたが、実際に装着してひと月ほど走行をしてみましたが、やはり良いです。ディーラーオプション扱いにしてもらってもいいくらいです。(笑)何しろ自然なフィーリングです。あまりに自然なので、動作を疑って「ノーマル」にセットすると、あまりの発進もたつき具合にズッコケます、マジで。本当にDNAシステムの「ダイナミックモード」を使う機会が激減しました。ちなみに、現在の私の主な利用パターンはNR(DNAシステム:ノーマル+スロコン:レーシング)です」http://ameblo.jp/tezzo-blog/entry-10701179461.html http://ameblo.jp/tezzo-blog/entry-10694081414.html

・MiToPeng様(ミト 1.4T Sport) 「MiToは、DNAシステムにより「A」「N」「D」と3モードが選べますがそれにプラスして各々のモードにおいてスロコン側で「N(ノーマル)」「S(スポーツ)」「R(レーシング)」の3モードが選べて、全部で9モードが選択できます。 1番過激な D-R(DNA:D+スロコン:R)モードではレスポンスがいっそう速くなり 発進時はちょっと暴力的なくらいの出だしになります。 空ぶかしでは そう変わらないかなとも思ったんですが実際に走行し負荷がかかった状態では大違い! 発進して思わず”お〜っ!”て声が出ちゃうくらい、刺激的で超楽しいMiToになりました〜。」

・acatsuki-studio様(ミト 1.4T Sport) 「TEZZOのスロットルコントローラーを装着することで、体感上の加速が一気にリニアになる。これまでタコメーターを睨みながら(比喩ですよ!比喩!) 「う〜ん、なんかトルクの立ち上がりが遅いなぁ」というあたり、すなわち1,800から3,000rmpというあたりにメガヒットで作用する。」 http://ameblo.jp/tezzo-blog/entry-10781528346.html

●H様(アバルト グランデプント) 「現状、一般道は「ノーマルブースト+スポーツ」で運転していますが、出だしのもたつきがまったくないため、非常に運転しやすくなりました。紹介頁にもありましたが、むしろ燃費は良くなりました。高速道路は、当然「スポーツブースト+レーシング」にするわけですがこちらの加速は強烈です。マフラーの音と合わせて(TEZZOプレミアムスパイラルマフラー装着)高速合流する際などにフル加速するとしびれます。」 http://ameblo.jp/tezzo-blog/entry-10693955573.html

・W様(ミト TCT Compe)まず、「出足のモッサリ感」は完全に解消されました。MiTo本来の性能はこれなんだと改めて感動しました。逆に何故これがディーラーオプションで装備されていないのかと不思議に思えます。通勤時は「N-N」、普段乗りとちょっと急ぐときは「N-S」、高速は「D-S」を利用しています。「R」は、同乗者がいるときは使わないですね。ただし、一番楽しいのは「R」です。深夜に一度だけ1台も走っていない直線道路で「D-R」にしてみたのですが、化け物のような加速で思わず爆笑してしまいました。燃費を考えると、アクセルワークを繊細にしないとあっという間に燃料ゲージが落ちていくので(笑)、却って定速走行を心がけるようになりました。そういう意味で安全運転にも貢献していると思います。素晴らしいシステムです。装着して本当に良かったです。

 その他のユーザーインプレッションはこちら>>>
 

Q&A

Q:「TEZZOスロットルコントローラー for FIAT500X 2WD」ですが、過去、500xでの不具合事例はありますか?

A:スロットルコントーラーによる不具合ですが後付けの電装品という特性上、お車との相性や経年劣化によってエラーが入力されてしまうケースが稀にございます。

不具合を気にされるようであれば、DTT ECUチューンがおすすめです。
http://tezzo-style.ocnk.net/product/1943

DTT ECUチューンはエンジンECUのデータそのものを書き換えますのでいままで、DTT ECUチューンを施工したことによる不具合はございません。

 

Q:TEZZOスロットルコントローラーを装着することで燃費は悪くなりますか?  

A:悪くなりません。 TEZZOスロットルコントローラーは、アクセル開度(踏み込み量)を測るスロットルセンサーとコンピューターとの間に割り込ませて配線します。スロットルセンサーの信号に対して補正を行いスロットル特性をコントロールするので、燃料補正を行うチューニングパーツとは異なり燃費に影響を及ぼすことはありません。 ノーマル状態では、アクセル操作に対する“もっさり感”からアクセルを踏み過ぎてしまいがちですが、TEZZOスロットルコントローラーを装着することによりアクセルを踏んでいる時間が短くなるので、ていねいなアクセル操作を行う方は燃費がよくなる傾向にあると言えるでしょう。 (日本のアルファ、アバルト乗りは運転が上手でしょうからスムーズな運転をすると思います) その反面、ていねいなアクセル操作を行わずノーマル状態と同じようにアクセルのオンオフを繰り返す方は、スロットルセンサーの信号補正分の燃料を消費する可能性があります。アクセルがリニアに感じられるようになりますので、楽しくなってガンガン踏んでしまうともちろん燃費は落ちます。

Q:同車種でグレード違いでのスロットルコントローラーの互換性はありますか?
A:スロットルコントローラーは車種別かつグレード別専用となっております。しかしスロットルコントローラーの書き換えは可能です。販売価格の半額の金額で行ないます。乗り換える車種により書換えが出来ない場合がございますので詳しくはお問い合わせください。

Q:TEZZOスロットルコントローラーは、自分で取付られますか?
A:スロットルコントローラー装着については、電装品の作業の経験や専門知識が豊富ならよいのですが、そうでない場合は、技術力がある専門メカニックにお任せいただくことをお勧めいたします。電源線の配線箇所や配線方法が適切ではなかった場合、また装着途中でエンジンをかけた場合などに、チェックランプ点灯などの不具合を起こす可能性がございます。

Q:TEZZOスロットルコントローラーは他社のマイクロコントローラーとの併用は問題ないでしょうか?
A:当社ではその製品の詳細が把握できませんので、その会社にお問い合わせてみたほうがよろしいかと思います。理論的には問題ないかと思いますが、 適合をとっていないため当社においては確実なことはわかりません。

 Q:.こちらの製品はMTにも取り付け可能ですか?

A:MTにもお取付可能です。

お問い合わせはこちら online1@tezzo.jp