【新規車検対応】TEZZO lxyスポーツマフラー for フィアット500 ツインエア デュアロジック

 [ 新規制車検対応 ][ スポーツ ][ lxy ]
製品番号:****-****

 

本製品のアウターカール部分はパイプ部分と同色のシルバーとなっております。

フィアット500のクラシカルスポーツな車検対応マフラー

[概要]

従来のTEZZO スポーツマフラー for フィアット500TwinAirの片側2本出しに対し、 砲弾型をしたテールエンドがスポーティーさを見せつつ、76Φのアウターカールはクラシカルさを演出する。 もちろん、新規制車検対応となっているので、車検等問題なく使用することが出来る。

[製品特徴]

純正に比べ、メインパイプ径を大きくすることで、中低音重視のエキゾーストノートになり、 更に、排気効率を向上させているので、抜けを良くしている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新規制車検対応なので、車検も問題なく通すことができ、排気音量も近接で80dBと 住宅街でも迷惑にならないレベルに抑えている。

[開発ストーリー]

『TEZZO lxyスポーツマフラー for フィアット500TwinAir デュアロジック』は、 フィアット500のPOPなイメージを強調できる様、今までとは違う、 【砲弾型】を採用し、TEZZO伝統のアウターカールを踏襲した。 フィアット500の丸いPOPなイメージで、 クラシカルな雰囲気の中に、砲弾型の走りを彷彿とさせるシルエットがまた絶妙だ。 TEZZOのこだわりは、テールエンドの向きにも現れている。 エンドをわずかに左へ向けると同時に、単純な丸いパイプに見えないように、 下へバンクをつける事で後方から見たエンドが上向きに見えない様に工夫が施されている。 また、ステンレスマフラーの輝きは、【lxy】の名に相応しい”高級感”を演出している。 フィアット500TwinAirの更なる”走り””遊び”の選択肢が増え、 自分だけのフィアット500を所有する楽しみも増えるだろう。

[メディア]

[動画]

[ユーザーインプレッション]

ツインエアーの音が強調され、吹け上がりも良くなった。

[Q&A]

Q:在庫は有りますか? 又、最短の納期は?
A:マフラーについてですが、基本的に職人のハンドメイドでして、ご注文を頂いてから作成させて頂いております。納期は3~4週間頂いております。

Q:AT用とMT用は何か違いがあるのでしょうか?
A:FIAT500TwinAir ATとMTのスポーツマフラーは車種別専用で設計され、車検認証試験も別々になりますので、違う商品になります。AT用マフラーをMT用マフラーに装着した前例がございません。メインパイプの型状と寸法が合えば、装着出来るかもしれませんが、車検時の提出資料が異なりますので、車検には適用出来なくなります。

Q:新しいマフラー規制ってなに?
A:
対象車両は!2010年4月1日以降に生産された車両にお乗りの方

新規制の内容は?

騒音低減機構を容易に除去することが出来る構造の禁止
インナーサイレンサー等の容易な取り外し可能な消音構造が禁止となります。
「加速走行騒音防止性能」「消音器認証取得」の義務付け
従来の近接排気騒音に加え、加速走行騒音の規制値が設定されました。

選ぶ基準は?

性能等確認済表示プレートが有れば大丈夫!
(登録性能等確認機構が確認した交換用マフラーに行う表示)

☆ご注意ください
新規制の条件を満たした消音器であっても、認証取得とその表示を行わなければ車検に合格しないこととなります。
TEZZO新規制対応製品は認証取得と表示プレートを表示しておりますので安心です。(一部車両を除く)

Q:TEZZOプレミアムマフラー(2010年4月以前登録車両)を購入・取り付けました。 HPには、車検に適応しているとありますが、何か証明書のようなものはありますか?
A: 証明書はございませんので、ご了承ください。2010年4月登録以前の車両については、車検の際に、近接音量の計測を行います が、証明書の提出等は必要御座いませんので、ご安心ください。 また過去に「TEZZO プレミアムマフラー for 147」を装着されたお客様で、 車検が通らなかったという事例の報告は御座いません。

[装着事例]

[取扱店]

リアルショップ T.BASE

 

オンラインショップ メーカー直販サイト Amazon

[価格表]

[カタログ]

PDFカタログページはこちら  

 


 

カテゴリー: TEZZOスポーツマフラー