TEZZOスポーツマフラー for アバルト500

 [ スポーツ ] [ オールステンレス ] [ 新規制車検対応 ]
製品番号:****-****

 

他とは一味違う4本出し。澄んだ高級感のあるマフラーサウンド メイドインジャパンの日本音質を・・・

[概要]

TEZZO スポーツマフラーをアバルト500でもラインナップ!
TEZZO スポーツマフラー for アバルト500 MT発売開始!!

ディフューザーから覗く光輝くサイレンサーは、存在感を放ち、外側にオフセットした、縦2本出しを左右へ配置。マフラーアーチに合わせて設計したオーバル4本出しは、特別な雰囲気を醸し出します。
アバルト500の車体フォルムにもピッタリです!

アバルト595 AT専用マフラーもリリース開始です!

[製品特徴]

・TEZZOスポーツマフラーシリーズのコンセプト

TEZZOスポーツマフラーシリーズの随所に認められる美しさへのこだわりに、「プレミアムに対するカジュアル・スポーツシリーズ」とは言え、圧倒されるはずだ。また新規制対応との組み合わせの場合、厳しい音量規制をクリアしながらスポーツ性を追及している。マフラーを単なる機能パーツとしてだけ捉えないのはTEZZOの伝統。性能や音はもちろん、見た目品質も重視した。フェラーリから学んだ、所有する喜びを味わう「クルマ=工芸品」ととらえる発想だ。 熟練のクラフトマンによりハンドメイドで一本一本が製作され、出荷前の入念なチェックを経て世に出る「TEZZOクオリティ」をお楽しみいただきたい。

・製品の特徴ー美しさの追求

テール形状
美しいハンドメイド。テールパイプには、排気効率がよく、アバルト500純正のバンパー穴にぴたりと収まる大径・中空・インアーメガホンタイプのアウターパイプを使用。スラッシュカットがアバルト500のリアにシャープな表情を醸し出します。

[開発ストーリー]

アバルト500の純正マフラーは左右各1本出しだが、特別仕様のアバルト695トリビュートフェラーリの場合は、アバルト500と同じ 形状のリヤディフューザーの中に左右各2本出しのマフラーを収めている。限られたスペースに2本ずつのマフラーエンドをレイアウトしているため、パイプ径 は非常に細くせざるを得ない。見た目にも、貧弱さが否めない。

最近のアルファロメオやフィアット、アバルト車を見ると、リヤディフューザーに切りかき部分を設けており、アフターではそのスペースに2本のマフラーエンドを配置するケースが増えている。

TEZZOとしては、機能面、見た目両方の理由から細いマフラーエンドを採用することは考えていなかったため、当初はアバルト500マフラーについては、左右各1本出しという考えだった。ただ、それでは、特徴が出しにくい。どうすべきか?

そこで、開発陣が思いついたのが、オーバル形状を斜めに配置する、という案だった。さらには、アバルト500純正ディフューザーのRに合わせてマフラーエンドを配置することで、パイプを細くすることなく切りかきに対して2本の出口をレイアウトすることができた。あたかも、TEZZOマフラーに合わせたディフューザーと切りかきになったような自然な仕上がりとなった。

アバルト500純正マフラーのサイレンサーは覗き込まないと見えないようになっているが、TEZZOはステンレスで美しいマフラーの仕上げをあえて主張するため、サイレンサーを見えるようにしている。それにより、アバルト500のリヤビューに迫力が増したと言えよう。

音量に関しては、新規制車検対応の加速騒音試験をクリアしているが、高回転では心地よい音色がほしいというアバルト500オーナーたちからのリクエストに応え、アバルト500のドライブがさらに楽しくなるスポーティーさを音の面からも演出している。

[メディア]

[動画]

[ユーザーインプレッション]

マフラーはアイドリングは静かで気を使わないで済みます。
しかし、高回転域ではとてもいい音がしますよ。

(アバルト500/I様)

[装着事例]

[取扱店]

リアルショップ T.BASE

 

オンラインショップ メーカー直販サイト Amazon

[価格表]

アバルト500 MT:¥195,000-

アバルト500 MTA:¥190,000-

*MTA車は車検対応しておりません

[カタログ]

PDFカタログページはこちら