アルファロメオTEZZO4C RT1リヤウィング ver.2

[ サーキット ]
製品番号:****-****

 

レースで優勝したTEZZO 4C RT1をオマージュしつつ、車検適合を実現

アルファロメオ 4Cは、ショートホイールベース/ワイドトレッドなので、機敏な動きをしてくれる半面、セッティングが出ていないとサーキット走行時などにおいてナーバスな挙動になります(特に高速コーナーではオーバーステアになります)。さらに横置きエンジンの重心位置が高く、エンジン特性がドッカン・ターボ系であることも、その一因となっています。

そこでTEZZOでは、アルファロメオ 4Cのナーバスな挙動を改善するために「アルファロメオ TEZZO 4C RT1 リアウイング」を開発しました。ウイングは中空のモノコック構造で、ウェットカーボン製ながら重量はわずか1.4kgとなっています。今回登場したのは、仕様を変更したバージョン2です。

アルファロメオ 4Cは、トランクの上部にリアウイングを設置する必要がありますが、トランクが平面ではないので専用台座を製作しました。ボディに空気抵抗となるようなものを取り付けるとドラッグ(抗力)になるので、TEZZOではボディの表側に薄いパーツを装着しつつ、今回の仕様変更でボディ裏側の補強パーツをより強固かつ大型化しました。この改善により、さらなる強度を確保し、強力なダウンフォースが発生した際に生じるボディの歪みを無くすことができました。

また、既述したように、一般的なリアウイングにおける、ステー、台座、ウイングとの取り付け部などが要因となって発生する、車両の動き出し初期の空気抵抗が一切無くなっています。ウイングとステーは10mmのボルトで固定。スプリングワッシャーと丸ワッシャー(大/小が各々2枚ずつ)が入っています。

「アルファロメオ TEZZO 4C RT1 リアウイング」の特徴は、車検対応とサーキットでの高効率を両立させたことにあります。その仕組みとして、前後スライド式とし、ウイングの角度調整が5段階で可能なのはもちろん、ウイングの取り付け位置を前後方向でも変更できるようにしています。そして、車検対応タイプなので、例えば一般公道を走る際は空気抵抗が少ない前側にスライドしておき、サーキット走行を楽しむ際は後ろ側にスライドさせて、より一層ダウンフォース効果を強めるといったようなことができます。今回の仕様変更で、アームにあるスライド部分(ウイングおよびアタッチメント)の形状も改善しました。

[概要]

・ロングディスタンスレース仕様の低ドラッグながらダウンフォースを得られる高効率の羽形を採用。
・ウイング部は、内部に波型の補強構造を採用し軽量で高剛性を実現。
・綾織の3Kカーボンファイバー素材の表層はUV効果の高いウレタンクリアペイント仕上げを施している。
・ ウイングのマウント部の迎角は、5段階に調整可能です。

・ウイング レッグ(wing leg)部は、軽量で高硬度のアルミ合金製、美しいヘアライン加工にブラックアルマイト処理
・車体へのマウント部は、形状に合わせたベースプレートとインナープレートによりウイングから得られるダウンフォースを効果的に伝える。

[開発ストーリー]

Team KEEP ON RACINGでは、アルファロメオ TEZZO 4C RT1(ラジアルタイヤ最速プロジェクト)の名のもとでアルファロメオチャレンジをはじめとするレースやタイムアタック競技に参戦していますが、これは走る実験室的なものとして、市販ラジアルタイヤを装着して臨んでいます。

アルファロメオチャレンジ2020において、Team KEEP ON RACINGのTEZZO RT1 4Cは「Sタイヤ装着+改造無制限のSR(スーパーレーシング)」にエントリー。今回もラジアルタイヤでNo.1を目指すというコンセプトのもと、POTENZA RE-12Dを装着し、去る2020年2月2日に筑波サーキットで開催されたアルファロメオチャレンジ第1戦ではリアウイング未装着ながら見事オーバーオールでの予選1位を獲得しました。

初戦から好成績を収めることができましたが、やはり、市販ラジアルタイヤを使用していることによるタイム的ハンデを埋めるためにリアウイングの装着は必要不可欠で、今シーズンの開幕前から「アルファロメオ TEZZO 4C RT1 リアウイング バージョン2」の開発がスタートしました。

リアウイングの装着効果は大きく、「アルファロメオ TEZZO 4C RT1 リアウイング バージョン2」を装着して参戦した2020年2月22日(日)のALFA ROMO CHALLENGE Kanto Rd.EX(富士スピードウェイ)では総合1位を獲得しました。

アルファロメオ 4Cは、リアウイングがないとリアタイヤがグリップを失った瞬間に一気に滑りますが、「アルファロメオ TEZZO 4C RT1 リアウイング バージョン2」を装着するとダウンフォースが増えたことによって、リアタイヤが滑りながらもグリップするので、限界域が上がりつつ、限界領域での扱いやすさも手に入れることができます。装着することで安心感を得られるともいえ、安心して高速走行を楽しむことが可能となります。

アルファロメオ 4Cの場合、一般的な汎用ウイングを装着しているケースが散見されますが、「アルファロメオ TEZZO 4C RT1 リアウイング バージョン2」では、4Cの流麗なスタイルをスポイルしないこと、小型で軽量ながらも絶大な空力効果を得ること、車検対応であることなどを重要視し、専用設計としました。また、4Cのパワーではウイングが空気抵抗になるとトップスピード(サーキット走行時はストレートスピード)が落ちるため、ドラッグにならないデザインを採用。そして、ウイングはなにかと派手になりがちですが、車検対応なので、あたかも純正装備品のようなイメージとなっています。

[メディア]

coming soon

[動画]

coming soon

[ユーザーインプレッション]

coming soon

[装着事例]

coming soon

 

[取扱店]

リアルショップ TEZZO BASE RACE & SERVICE

[価格表]

アルファロメオTEZZO4C RT1リヤウィング ver.2

販売価格:290,000円(税抜)(RT1プロジェクト優勝記念限定特別価格)

お問い合わせはこちら online1@tezzo.jp

[カタログ]