アバルト500/595/695 全長調整式車高調 フルキット by TEZZO

 [全調式] [減衰調整可] [とろピシ足] [車高調]

おちゃのこ用

リアに高性能な別タンク式ダンパーを採用

[概要]

アバルト500/595/695の特性を活かした、車高調キットがTEZZOよりリリースされた。フロントは全長調整式を採用し、リヤにはスペースがないアバルト500/595/695のハンデをクリアするため別タンク式車高調を採用している。乗り心地と走行性能を両立させた車高調に仕上がっている。

■製品特徴

 

フロント

  • 全長調整式車高調、高圧ガス(N2)封入式
  • フロント:単筒式倒立
  • 減衰力調整段数・・・20段調整
  • ピストン径・・・φ36
  • シリンダー材質・・・鉄(STKM材)
  • ダンパーフリュード・・・FUCHS(フックス)社製ダンパーフリュード
  • 表面処理・・・シリンダー:ニッケルメッキ(シルバー)
    ブラケット:カチオン電着塗装(黒)
    アルミ部品:有色アルマイト(赤)
  • 車高ダウン量・・・FRONT 純正 ~ -35mm
    (車高ダウン量は個体差によって異なる場合があります。)

リヤ

  • ・別タンク式車高調、低圧ガスモノチューブ構造
  • ・40φ大径アルミピストン、異径多段積層バルブ
  • ・減衰力40段調整(特殊形状ニードルバルブ使用)
  • ・別タンク(40φ大径アルミフリーピストン使用)
  • ・スチールケース(電着塗料メッキ処理)
  • ・減衰力変更可能

 開発ストーリー

アバルト500/595/695は車体の構造上、リアの足まわりにスペースの余裕がなく、サスペンションのストローク量が足らなくなっている。そのため、リアを全長調整式車高調にしてもストローク量が少なくなり、乗り心地と走行性能の面で不利になるわけだ。そこでTEZZOではリアにストローク量を確保できるTEZZOオリジナルのローダウンスプリングをセットし、ダンパーを別タンク式とした。別タンク式を採用したことで、高性能リアダンパーの全長をすべて使ったストローク量を確保することが可能となり、乗り心地がよさと高い走行性能を両立させることができた。フロントのショックが全長調整式車高調なので、リアも姿勢のバランスをしっかりとれるセッティングとなっている。

 

      メディア

【FIAT&ABARTHファンブック】平成31年VOL.3に掲載

20190316162053_00001 

■動画

coming soon

 

■ユーザーインプレッション

coming soon

Q&A

coming soon

[装着事例]

[取扱店]

リアルショップ TEZZO BASE

オンラインショップ メーカー直販サイト Amazon

[価格表]

 

[カタログ]

PDFカタログページはこちら

お求めはこちらか