【開発中】ローダウン&ライズアップ・サスキット for フィアット500X

 [ フィアット500X ] [ダウンサス] [ 乗り心地重視 ]

 

20151028_e3ff53

 全天候型ツアラーへの挑戦

[概要]

フィアット500Xのローダウンサスペンションキット。
車高を落とし車両の安定性を確保しながらも、
不快な突き上げがないよう乗り心地との両立を目指した。
また、ライズアップ装置がローダウンサスのネガな要素を減少。
TEZZO開発陣の思いと拘りが詰まった製品となった。

[製品特徴]

・フロントスプリング2本、リアスプリング2本、ライズアップラバーのセット

[開発ストーリー]

TEZZOデモカーである「フィアット TEZZO 500X」は
ポルシェカイエンのような高速安定性、加速安定性を高めた、
ラグジュアリー&スポーツの全天候の高速ツアラーをイメージして開発を進めた。

その結果、車高に関してオフロードを走ることよりも、
高速道路を走ったときの燃費性や高速安定性加速性を狙ってローダウンさせる
という結論に至った。

そこで使用するのはフィアット500等でも好評だった
「ローダウン&ライズアップ・サスキット」だ。
車高を落としながらも乗り心地は犠牲にしないというコンセプトがマッチした。

フィアット500とフィアット500Xでは車重や重心高が違うため、一からの専用設計となる。
また想定される積載量も増加することで、使用場面の豊富さも取り上げられる。
街乗りの乗り心地の良さと、高速時の安定性という様々な要望に応える開発が必要であった。
「どんなお客様にもおすすめできる製品ができるのだろうか」そんな思いもあった。
自信が持てなければ製品化はできない。

しかし、TEZZO開発陣の思いは強く今までの様々な車種での経験を基に何度もトライ&エラーを
繰り返し開発を進めた。TEZZOの製品に対する思い、拘りが製品化に漕ぎ着けた。

車高を30mm前後(予定)程度落とすことで、SUVとしてのロードクリアランスも
確保しながらも、低く迫力のあるルックスとする絶妙なラインを目指した。
車重にもよるが、車高を10mm程度調整できるライズアップ装置を同梱することで、
車高を調整することを可能とし、お客様の好みに合わせることもできる。
また、このライズアップ装置をラバー製とすることで、
バネが動く前に路面からのコツコツした微振動の吸収ができることもメリットとなる。
さらにバネの経年変化による車高変動にもライズアップ装置の脱着である程度までは
対応できることもメリットと言える。
ホワイトスプリングがホイールの隙間から見えることで
TEZZOが目指すラグジュアリー&スポーツを演出してくれるはずだ。

ローダウンサスは車高の不安定さや乗り心地の悪さなどネガティブな部分が多い、
しかし、TEZZOではデモカーを用い、ライズアップ装置とスプリングを何セットも試作し、
ゴムの特性とバネレートの最適化、ネガティブな要素を減少させている。
それはTEZZO開発陣による卓越したセッティング能力と開 発能力によるものである。

フィアット500Xの走行性能を高め、ルックスも向上する。
ロードゴーイングカーとしての格を一段引き上げるサスキットとなった。

[メディア]

[動画]

[ユーザーインプレッション]

[Q&A]

[装着事例]

[取扱店]

リアルショップ T.BASE

オンラインショップ メーカー直販サイト

[価格表]

フィアット500X:¥60,000-(税別)

[カタログ]

PDFカタログページはこちら

お求めはこちらから