TEZZOスポーツマフラー(for FIAT 500 1.4)

 [スポーツ] [オールステンレス]

 

[概要]

大径アウターパイプとサイレンサーの位置決めの正確性からバンパー下にすっぽりと収まる美しいスポーツマフラーです。
音量アイドリング時   約67〜68db
車検近接時 4500rpm付近一定で  86〜88db(車検時近接音量:96db以内)

※当社デモカー実測による 参考7000rpm付近94db

※排気音量は近接騒音規制適合となっております。平成22年4月登録以降の車両へは車検対応はございません。
  詳しくはお問い合わせください。

[製品特徴]


(1)TEZZOスポーツマフラーシリーズのコンセプト

TEZZOスポーツマフラーシリーズの随所に認められる美しさへのこだわりに、「プレミアムに対するカジュアル・スポーツシリーズ」とは言え、圧倒されるはずだ。また新規制対応との組み合わせの場合、厳しい音量規制をクリアしながらスポーツ性を追及している。マフラーを単なる機能パーツとしてだけ捉えないのはTEZZOの伝統。性能や音はもちろん、見た目品質も重視した。フェラーリから学んだ、所有する喜びを味わう「クルマ=工芸品」ととらえる発想だ。 熟練のクラフトマンによりハンドメイドで一本一本が製作され、出荷前の入念なチェックを経て世に出る「TEZZOクオリティ」をお楽しみいただきたい。

(2)美しさの追求
<タイコ/テール形状>

<並列テール二本出し>
Y字缶の根元をサイレンサーに溶接する簡易的な二本出しではなく、本格的に二本のアウターカールをサイレンサーに溶接する形状です。

(3)特徴的な構造
パイプ径を純正よりも大径化して抜けをよくしてパワーアップを図ると共に、サイレンサー内での排気管を延長させてトルク向上も狙っています。

(4)音
FIAT500の都会的なイメージから、アイドリングは消音に努め、高速走行中のこもり音も解消。しかしアクセルを踏み込むと、迫力ある音が響きます。FIAT500のエンジン特性を踏まえ中・低音を重視し、どの回転域でも耳に心地よいサウンドとトルクアップ効果が実現しました。

(5)その走りの違いー燃費性と加速性、フィーリング向上
もっさりしたFIAT500の出だしがスッと発進するようになることが、当社デモカーで確認済みです。
湯たんぽ状の大型純正マフラーから軽量化が行われ、排気効率向上効果はもちろん、軽量化による運動特性が向上により燃費も向上します。

(6)手作りによる耐久性
手作り式のため、小型サイレンサーに隅々まで効率的に消音材を注入可能となり、消音効率がよく、また耐久性も高いので比較的音量の経年変化が少ないのも長所のひとつです。

(7)開発物語
当初は砲弾型で開発をスタートしましたが、FIAT500は意外にも音が大きくスペース的に砲弾では無理だと判断し、TEZZOブレラで実績のあるショートオーバル二本出しスラッシュカット形状を採用しました。しかしながらTEZZOは、細いパイプが2本つきだしたカタツムリの角のような形状を認めません。サイレンサーをできるだけ後方にずらし配置することで、アウターパイプ長をできるだけ短くし、美しく輝くサイレンサー後部が外から見えるように工夫しました。
音量に関してはマフラー新基準対応を可能としながら、純正とはあきらかに違うサウンドが得られるよう、何度も試作品製作を重ねて開発が行われました。

[開発ストーリー]

[メディア]

[動画]

[ユーザーインプレッション]

[装着事例]

[取扱店]

 

 

[価格表]

[カタログ]

PDFカタログページはこちら


 

カテゴリー: TEZZOスポーツマフラー